小学生~中学生の方

混合歯列期(永久歯への生え変わり時期)の治療

 小学校低学年になると、上下の前歯が永久歯に生えかわります。
その後、数年かけて残りの乳歯が永久歯に生え変わる時期が混合歯列期です(写真1、2)。

混合歯列期(永久歯への生え変わり時期)の治療

写真1

 

写真2

 

 第一段階、混合歯列期の治療は、成長が終わってからでは治せない上下のアゴの関係の改善や、指しゃぶりや舌を前に突き出すなどの悪いクセや習慣を取り除くことで、将来的な歯並びや顔のカタチのバランスを整えることが一番の目的ですので、症状によって様々な装置を使用します。

 前歯が逆に咬んでいる「受け口」(レントゲン1)や、極端に上の前歯が突き出ている「出っ歯」(レントゲン2)などはこの時期に治療を開始しないと将来治療が困難になります。

レントゲン1

レントゲン1

レントゲン2

レントゲン2

 デコボコに並んだ「乱杭歯」(写真3、4)も、この時期にアゴの幅を拡げることで将来永久歯を抜かずに改善することが期待できます。骨格的な問題やデコボコが軽度な場合は、この時期の治療だけで終了することもあります。
※早く始めれば必ず歯を抜かずに治療ができる。小学生の間に治療が完了するというわけではありません。

写真3

写真3

写真4

写真4

 成長期のお子様の場合、気になっていた症状が改善されていても、その後の歯の生え変わりやアゴの成長などで様々な変化が起こる可能性が高いため、親知らず以外の永久歯が生え揃うまでは経過観察が必要です。

 通常、乳歯がすべて抜けて永久歯に生え変わった後に、6歳臼歯の後ろから第2大臼歯が生えてきて(レントゲン3~6)、永久歯列が完成するのは小学校6年生~中学2年生ぐらいになります。

レントゲン3(8歳)

レントゲン3(8歳)

レントゲン4(10歳)

レントゲン4(10歳)

レントゲン6(13歳)

レントゲン5(11歳)

レントゲン5(11歳)

レントゲン6(13歳)

 その後、さらに治療が必要な方は第二段階としてマルチブラケット装置を使ってすべての歯を動かす永久歯列期の治療に移行します。

治療の流れ

初診相談
あなたの症状や治療方法、料金の概要を説明します。また、矯正治療の不安や疑問などなんでもご質問ください。
精密検査
レントゲンや歯型をとって、あなたの歯並びや顎骨の状態を調べます。
※当医院ではX線被爆線量がデジタルレントゲンを使用しています。
診断・治療計画の説明
検査結果をもとに診断を行い、具合的な治療計画の説明をします。
むし歯の治療や抜歯が必要な場合は、治療方法が決まり次第、当医院から一般の歯科医院に依頼します。
混合歯列期の治療
放置すると将来歯並びが悪くなる場合や上下のアゴの関係に問題がある場合には、この時期から治療が必要になります。
経過観察
最適な時期から治療を開始するため、アゴや歯列の成長を定期的に観察します。
保定
「歯を動かす装置」が外れた後は、「きれいな歯並びを保つための装置」を入れていただきます。通院は数ヶ月に1回となります。
永久歯列期の治療
すべての歯に装置をつけて、歯の配列と噛み合わせを整えていきます。
治療終了
無料初診相談の詳しい内容
無料初診相談のご予約
インターネットでのご予約
無料初診相談

治療費について

よくある質問

リンク

ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
サイトマップ