治療の進み方

 矯正治療はむし歯の治療などとは違い、すべての歯を移動させて咬み合わせを整える治療を行います。また、歯の移動だけでなく、顔やアゴの骨格の問題なども改善する必要があるため、治療を始める前に必ず精密検査が必要になります。

 検査の結果を分析して、治療計画を説明することを診断といいますが、その方の不正咬合の状態によって、どのタイミングで治療を開始するのがいいのか、どのような治療方法がベストなのかは検査・診断を行わないと正確にはわからない場合があります。

 虫歯の治療や抜歯などの処置が必要な場合は、治療計画が決まってから一般の歯科医院に依頼します。
 歯のはえかわり途中、アゴの骨が成長中の時期(混合歯列期)は主に骨格的、機能的な問題を治していきます。細かな歯のデコボコの改善や、しっかりした咬み合せを確立するのは永久歯がすべて生え揃っていている時期(永久歯列期)からになります。

 成人の方の場合すぐに治療を開始しますが、低年齢のお子様の場合は、症状や時期によってはすぐに治療を始めず、最適な治療時期を見極めるため経過観察を行う場合もあります。

 以下の図は一般的な治療の進み方を示した図になりますので、参考にしてみてください。

治療の進み方
無料初診相談の詳しい内容
無料初診相談のご予約
インターネットでのご予約
無料初診相談

治療費について

よくある質問

リンク

ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
サイトマップ