矯正治療とは

 なぜ矯正治療が必要なのか、不正咬合(悪い歯並び、悪いかみ合わせ)を治す意義について説明させていただきます。

不正咬合の悪影響

 悪い歯並び、悪い咬み合わせのことを「不正咬合」といいます。この不正咬合をそのままにしておくと、以下のような悪影響があります。

1. むし歯や歯周病になりやすい。
2. ものがよく噛めない。アゴの関節に負担がかかる。
3. 歯が折れたり粘膜を傷つけやすい。
4. 将来的な歯科治療への悪影響(歯並びが悪いと入れ歯や差し歯をつくるのも困難になります)。
5. 発音が悪くなる。
6. 自分の外見にコンプレックスを感じる
7. 他人に悪い印象を与える。

 (1)~(4)まではすべて歯を早くに失くしてしまう原因になります。また、間接的に全身の健康状態にも影響を及ぼす可能性があります。  矯正治療を始める方の理由でもっとも多いのが(6)です。
 (5)、(7)についても治療を始める動機のひとつになるでしょう。特に将来人前にたって話をするご職業に就かれるのであれば早めに治療開始することをお勧めします。

 矯正治療は不正咬合を正常咬合(正しい咬み合わせ)にするための歯科治療であり、このような症状を改善、予防すると同時に健康的で美しい歯並びと調和のとれた顔貌(顔つきや口元)を目標に行っていきます。

矯正治療のハードル

1. 治療中はしっかり歯を磨かないと虫歯や歯肉炎になりやすい。
2. 歯が動くときは痛むことがある。慣れるまでは装置が当たって痛かったり、ものが食べにくいことがある。
3. 歯を抜かなければならないことがある。
4. 装置が目立つ(目立たない装置、見えない装置もあります)
5. 治療期間が長い。

 矯正治療に抵抗を感じている皆様の理由でもあるこのようなハードルを、できるだけ低くしていくこともわれわれ矯正専門医の使命のひとつと考えています。

無料初診相談の詳しい内容
無料初診相談のご予約
インターネットでのご予約
無料初診相談

治療費について

よくある質問

リンク

ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
サイトマップ