中学生以上、成人の方

永久歯列期(永久歯がすべて生えている時期)の治療

 永久歯列期(すべて永久歯が生えている状態)に行う治療は、マルチブラケット装置を使用して個々の歯を移動することで、歯並びを整えていきます。

 症状によっては、治療前に抜歯が必要になることもあり、マルチブラケット装置以外の装置を併用することもあります。通常3~6週に一度の間隔で来院して頂きます。

永久歯列期(永久歯がすべて生えている時期)の治療

 マルチブラケット装置には種類があり、あまり目立たない装置(写真1) や表からは見えない裏側に付けるもの(写真2)も選択できます(裏側からの治療は症状によってはできない場合もあります)。

写真1 クリアブラケット

写真1 クリアブラケット

写真2 リンガルブラケット

写真2 リンガルブラケット

 治療が終わってすぐに装置をはずすと、歯は元の状態に戻るように動いてしまいます。
  これを予防するために通常約2年間は保定期間(治療後の歯並びが安定するのを観察する期間)とし、リテーナー(保定装置、写真3、4)を使用してもらいます。保定期間中は数カ月に1回の来院になります。

写真3 リテーナー(取り外し式)

写真3 リテーナー(取り外し式)

写真4 リテーナー(固定式)

写真4 リテーナー(固定式)

治療の流れ

初診相談
あなたの症状や治療方法、料金の概要を説明します。また、矯正治療の不安や疑問などなんでもご質問ください。
精密検査
レントゲンや歯型をとって、あなたの歯並びや顎骨の状態を調べます。
※当医院ではX線被爆線量がデジタルレントゲンを使用しています。
診断・治療計画の説明
検査結果をもとに診断を行い、具合的な治療計画の説明をします。
むし歯の治療や抜歯が必要な場合は、治療方法が決まり次第、当医院から一般の歯科医院に依頼します。
治療開始、装置の装着
装置の種類や症状によりますが、通常何回かに分けて装置をつけていきます。
定期的な調整
4~6週に一度づつワイヤーやエラスティックなどの装置の調整のために通院していただきます。
治療終了、保定
「歯を動かす装置」が外れた後は、「きれいな歯並びを保つための装置」を入れていただきます。通院は数ヶ月に1回となります。
無料初診相談の詳しい内容
無料初診相談のご予約
インターネットでのご予約
無料初診相談

治療費について

よくある質問

リンク

ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
サイトマップ