子どもの矯正治療

乳歯列期の治療

 まだ永久歯が生えていない時期なので、ほとんどの場合すぐに治療をはじめる必要はありませんが、下の前歯が上の前歯より前に出ている受け口(反対咬合)や、咬み合せが左右にずれている交差咬合などは治療が必要です。
状態にもよりますが、装置の使用が可能であれば6ヶ月~1年で症状は改善します。

反対咬合(受け口)7歳女児

矯正治療前

受け口で下の前歯が永久歯に生え変わり中です。

矯正治療前

矯正治療中

4ヶ月間ムーシールドを使用して、受け口が治りました。

矯正治療中

さらに3ヵ月後。上の乳歯が抜けて永久歯が生えてきました。

矯正治療中

矯正治療後

さらに4ヵ月後。永久歯は受け口にならずにすみました。

矯正治療後

反対咬合(受け口)4歳女児

矯正治療前

反対咬合(受け口)です。

矯正治療前

矯正治療中

ムーシールドを装着しているところです。

矯正治療中

矯正治療後

4ヵ月後。受け口が治りました。

矯正治療後

反対咬合(受け口)3歳女児

矯正治療前

下の前歯が上の前歯よりも前に出ています。

矯正治療前

矯正治療中

ムーシールドという装置を寝るときだけ使ってもらいました。

矯正治療中

矯正治療後

6ヵ月後。受け口が治り、咬み合せも安定しました。

矯正治療後

混合歯列期の治療

 混合歯列期の治療では、成長が終わってからでは治せない上下のアゴの関係の改善や、指しゃぶりや舌を前に突き出すなどの悪いクセや習慣を取り除くことで、将来的な歯並びや顔のカタチのバランスを整えることが重要です。これが第一段階の治療になります。

 前歯が逆に咬んでいる「受け口」や、極端に上の前歯が突き出ている「出っ歯」などはこの時期に治療を開始しないと将来治療が困難になります。デコボコに並んだ「乱杭歯」も、この時期にアゴの幅を拡げることで将来永久歯を抜かずに改善することが期待できます。

永久歯が生え揃ったら、第二段階として本格的にすべての歯を動かす本格的矯正治療に移行します。骨格的な問題があまりない比較的軽度な症状の方は、この時期の治療だけで終了することもあります。

叢生(デコボコ)9歳男児

矯正治療前

上の前歯が重なって生えています。歯とアゴの大きさがアンバランスです。

矯正治療前

矯正治療中

乳犬歯を抜いて、まずは裏側から歯を移動しています。

矯正治療中

表側から前歯を並べています。将来的には永久歯の抜歯が必要になりそうです。

矯正治療中

矯正治療後(治療期間12ヶ月)

裏側から固定しています。永久歯に生えかわるまで経過観察になります。

矯正治療後(治療期間12ヶ月)

上顎前突(出っ歯)9歳女児

矯正治療前

上の前歯が突き出ているいわゆる出っ歯の状態です。

矯正治療前

矯正治療中

部分的にデコボコ歯並びを治しているところです。

矯正治療中

バイオネーターという装置を夜だけ使ってもらいました。

矯正治療中

矯正治療後(治療期間14ヶ月)

10ヶ月の使用で出っ歯がここまで治りました。

矯正治療後(治療期間14ヶ月)

反対咬合(受け口)8歳女児

矯正治療前

反対咬合(受け口)です。咬み合せが深くて上の前歯が見えません。

矯正治療前

矯正治療中

上アゴを前と横に広げる必要がありQuardhelixという装置を使用しました。

矯正治療中

約4ヶ月で受け口が治りました。

矯正治療中

矯正治療後(治療期間12ヶ月)

装置をはずして、横の乳歯が抜けて、永久歯に生え変わりの途中です。

矯正治療後(治療期間12ヶ月)
無料初診相談の詳しい内容
無料初診相談のご予約
インターネットでのご予約
無料初診相談

治療費について

よくある質問

リンク

ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
サイトマップ